妊娠線対策のクリームは線が出始める前から塗るのがおすすめです

妊婦さんのお腹が膨らむにつれれ、お腹や足周りに浮き上がって出てくる妊娠線。人によっては、縦に何本もできたり、網目状にできたりと、模様な様々ですがいざ、奥さんの身体に出てくると予想以上に驚いてしまうものです。この現象は妊娠による生理現象によるものですが、妊娠線対策のクリームを塗ることである程度の抑制になるからおすすめです。

このような妊娠線はいつから出てくるのかといいますと、一般的にお腹の赤ちゃんが大きくなってくる六か月以降と言われています。胎児が大きくなるとともに、お母さんも食欲が増しますのでタイミングとしてはその時期から妊娠線も出てくるというのが想像できると思います。特に、小柄なお母さんや双子を身籠ったお母さんはお腹が大きくなりがちですので、肌がつっぱり線が出やすくなります。

また、冬季は乾燥しやすいので、夏に比べて妊娠線が出やすい傾向にあります。それでは、妊娠線の対策クリームはいつから塗り始めるといいのでしょうか?お腹が大きくなるのは六か月といいましたので、その二か月ほど早い4か月から塗り始めるのがいいでしょう。これはお腹が大きくなる前に肌の保湿を十分に保っておくことで、これから肌が突っ張ることを予め予防できる効果があります。

また、自分のお腹にクリームを塗るという行為を日常化するためにも実害が出始める数か月前から取り組むことがよいといわれています。クリームを塗るときは、朝晩、特にお風呂上りにしっかりと塗るのがよいでしょう。お腹や足回りの周辺にも塗ることで体全体の皮膚が保湿され、伸びやすくなるのでおすすめです。ぜひ、皆様も早め早めの妊娠線対策クリームを塗るよう心掛けてみてはいかがでしょうか。

産後こそ要注意!できてしまった肉割れを消す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です