妊娠中期からケアを始めて、結局妊娠線ができてしまった悲しい経験

一人目の妊娠の際は、食生活にも気を使い、仕事で臨月までずっと身体を動かす生活をしていたこともあって急激な体重増加はしませんでした。妊娠期間全体を通しても+7.8kgで、急激な増加もなかったことが良かったのか、特にケアはしなくても妊娠線ができることはありませんでした。ところが、二人目の妊娠の時はつい油断していい加減な食生活をしていたことと、仕事がデスクワーク中心だったことで妊娠中期に入ってお腹がふくらみはじめたとたん、月に4kgという急激な増加をしてしまいました。その際に初めて、腹部に黒っぽいシミのような妊娠線が3箇所できてしまいました。

色自体は薄いものでしたが、できると一生消えないと聞いていたのでショックで、慌てて食生活に気をつけると共に妊娠線のケアをすることにしました。調べてみると妊娠線はローションを塗って保湿し、弾力を保つことで防げるということだったので、さっそくインターネットで選んだローションを購入しました。

この時に気をつけたことは、妊娠中で特に肌がデリケートな際に肌に塗るものなのでオーガニック原料を使用していることや天然由来の無添加の刺激が弱いものであることと、匂いにも敏感な時期だったので無香料であることです。匂いも、ものによっては陣痛を促したりするものもあるとのことだったので無香料が安全で良いと思いました。

しかし実際には妊娠線のケアはお腹が膨らみ始める妊娠中期よりも前に始めなければ効果が薄いとのことだったので私がケアを始める時期は遅すぎたのだと思います。その後はほぼ毎日ローションを塗りながら優しくマッサージするようにしたのですが結局は何カ所も黒っぽい縦線のような妊娠線が残ってしまい、妊娠初期からケアしておかなかったことを悔やんでいます。

出産も無事に終わった今は、できてしまった妊娠線のケアができるというクリームを毎日塗っていますが、かなり長期間塗らなければ効果がでないとのことなのでやはり妊娠初期から予防ケアをしておけば良かったと思っています。

妊娠線を消すクリームのおすすめランキングを紹介します

正中線になった時の対処法

正中線というのは、お腹の方に、縦に茶色い一本の線ができることです。中には二の腕や太ももあたりにできてしまうという人もいますが、妊娠したからといってできるものではありません。

私も見つけた時は「なんだこれ?」と思いましたが、実はこれ、男女関係なくできてしまうみたいなんです。ホルモンバランスが変わることで、メラニン色素が蓄積され、目立つようになってしまうそうなんですが、特別病的なものでもないので大丈夫ですし、放っておけば正中線は自然に消えていきます。それでも、どうしても気になって自分で消したいという方は、いくつかの方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

一つは十分は睡眠をとることです。肌の新陣代謝のために必要なことなので、少しの時間でもいいですから、きちんとした睡眠をとるようにしてください。そうすれば、正中線は綺麗になくなります。

もう一つはレーザー治療です。さきほど書いたように、正中線は自然と消えるものなので、本当はここまでする必要はないのですが、実際に肌を見せる機会が多い仕事をしている方はこの方法は効果的だと思います。

私の友人の中に、モデルの仕事をしている人がいるのですが、正中線ができたことで仕事に支障が出てしまうらしく、発覚してからすぐレーザー治療をやったそうです。すぐに消したいという方にはお勧めの方法です。

あとはビタミンCを中心に栄養を摂ることです。きちんとした生活習慣を送れば正中線はなりにくくなります。

太ももにできた妊娠線を消すクリームはこちら!

妊娠線対策のクリームは線が出始める前から塗るのがおすすめです

妊婦さんのお腹が膨らむにつれれ、お腹や足周りに浮き上がって出てくる妊娠線。人によっては、縦に何本もできたり、網目状にできたりと、模様な様々ですがいざ、奥さんの身体に出てくると予想以上に驚いてしまうものです。この現象は妊娠による生理現象によるものですが、妊娠線対策のクリームを塗ることである程度の抑制になるからおすすめです。

このような妊娠線はいつから出てくるのかといいますと、一般的にお腹の赤ちゃんが大きくなってくる六か月以降と言われています。胎児が大きくなるとともに、お母さんも食欲が増しますのでタイミングとしてはその時期から妊娠線も出てくるというのが想像できると思います。特に、小柄なお母さんや双子を身籠ったお母さんはお腹が大きくなりがちですので、肌がつっぱり線が出やすくなります。

また、冬季は乾燥しやすいので、夏に比べて妊娠線が出やすい傾向にあります。それでは、妊娠線の対策クリームはいつから塗り始めるといいのでしょうか?お腹が大きくなるのは六か月といいましたので、その二か月ほど早い4か月から塗り始めるのがいいでしょう。これはお腹が大きくなる前に肌の保湿を十分に保っておくことで、これから肌が突っ張ることを予め予防できる効果があります。

また、自分のお腹にクリームを塗るという行為を日常化するためにも実害が出始める数か月前から取り組むことがよいといわれています。クリームを塗るときは、朝晩、特にお風呂上りにしっかりと塗るのがよいでしょう。お腹や足回りの周辺にも塗ることで体全体の皮膚が保湿され、伸びやすくなるのでおすすめです。ぜひ、皆様も早め早めの妊娠線対策クリームを塗るよう心掛けてみてはいかがでしょうか。

産後こそ要注意!できてしまった肉割れを消す方法

妊娠線を防げなかった理由

私は26歳のときに第一子を妊娠し出産しました。妊娠するまえから妊娠線については知識として知っていて、もし自分が妊娠したら絶対に妊娠線は防ぎたいと思っていました。なぜならやっぱり妊娠線はその後の人生でずっと残ってしまうものだし、ビキニを着るときや裸になるときに気になってしまいます。コンプレックスになってしまうのも嫌だったし、ただでさえ少し太り気味の体型なのでせめて妊娠線だけはできないように努力しようと思っていました。

妊娠してすぐに妊娠線専用の保湿クリームを購入しお腹が大きくなる前から毎日お風呂あがりに太もも、お腹、お尻に塗っていました。塗っている間は妊娠線は出来ず、このまま綺麗な状態を保てるだろうとうれしい気持ちで過ごしていましたが、妊娠9ヵ月のときに切迫早産により緊急入院になってしまいました。切迫早産の入院は絶対安静でトイレと食事以外で立ち歩いてはいけない環境でした。

しかもお腹が張らないように張り止めの点滴を24時間常に刺している状態なので身動きもままならず、ひたすら横になっているしかない入院生活でした。そんな入院生活が2週間続き、入院中は一切妊娠専用保湿クリームを塗る余裕がなくなってしまい、気が付いたらおへその周りにハッキリと妊娠線が出来ていました。

切迫早産の入院で精神的に余裕がなくなってしまい保湿クリームを塗り続けられなかったことを後悔しています。お腹が大きくなってきた妊娠後期には、何があっても毎日保湿クリームを塗れば妊娠線は出来なかったんじゃないと思います。

妊娠線や肉割れを消したい方におすすめの商品は??

シミの赤ちゃん対策

私は29歳の誕生日の日に、鏡を見て「シミの赤ちゃん」があることを発見しました。
年々、肌のハリや潤いがなくなりつつあることは自覚していましたが、シミの赤ちゃんを発見したときはとてもショックでした。
しかし、まだ「赤ちゃん」ここで本格的なシミにならないように、これ以上シミ予備軍を増やさないようにケアを心掛けました。

まず、一番最初に思いついたのがシミ用のクリームを塗ることでした。
シミ用クリームはドラッグストアに行けばたくさんありますが、一番有名なもののを購入しました。

そして化粧水、乳液は今まで、保湿用を使っていましたが、シミ対象のものに変更しました。
こちらもドラッグストアで購入しましたが、金額はどちらも3000円程度のものです。
もっとひどくなったら百貨店で高いいいものを買おうと思いとりあえずはドラッグストアのお手軽なものにしました。

そしてお風呂上りはまず化粧水をつけて、その後シミ用クリームを優しく目元をマッサージしながら塗り込みます。
塗るというよりは染み込ませるように丹念に「シミが消えますように・・」と願いを込めながら塗り込みます。
そして乳液を塗って終了です。
朝も同様のケアを行います。

それから約1年が経ちますがシミの赤ちゃんはシミの赤ちゃんのままシミにならずにとどまっています。
このケアの効果がどうかは分かりませんが、最初に見つけたシミの赤ちゃん以降、シミもシミ予備軍も今のところ増えていません。

【アイクリーム】高保湿!もっちり目元になれるおすすめNo.1は…